都築工業株式会社

都築工業株式会社では高知市の法面工事、足場工事、土木工事はお任せください。

都築工業株式会社
HOME > 都築工業の仕事 > 法面工事・土木工事

法面工事・土木工事

法面工事について

道路の建設や住宅造成などの開発に伴い、山地を削ったり、盛土をすることで造られる人工斜面、または自然斜面のことを法面(のりめん)といいます。
法面工事とは、そのように造られた斜面がくずれないように落石予防、保護するための工事です。
都築工業では、現場に合った技術と経験豊富なノウハウを活かして、様々な施工に対応可能です。
  • 法面工事
  • 法面工事
  • 法面工事

■ アンカー工事

  • アンカー工事

    アンカー工事は、引張り力を地盤に伝達するためのシステムによって造成させるアンカー体、引張部、アンカー頭部によって造成されます。


    斜面安定、構造物の転倒・浮き上り防止、仮設山留め・土留めなど、土木建築分野において広く利用されています。

■ 鉄筋挿入工(ロックボルト工)

  • 鉄筋挿入工(ロックボルト工)

    鉄筋挿入工は、斜面に鉄筋やロックボルトなどの比較的短い棒状補強材を地山に多数挿入することにより、地山と補強材の相互作用によって移動土塊や斜面上の岩塊などを安定化させる工法です。

    法面工との併用で、補強材とのり面工が結合され、補強材と一体となり補強効果をなします。また、補強材の長さがアンカー工よりも短く、比較的崩壊規模の小さい斜面に適用されます。